学校で英語を学ぶ目的

小学校での英語教育の開始

小学校での英語教育は効果的

昔は中学校に入ってから英語を習うというのが、一般的には多くみられていた教育制度でしたが、このところ小学校から外国語に親しむことを始めているところも増えており、評価されています。やはり外国語というのは、出来るだけ小さなうちから耳を慣らす事が大切だというのは言語学上では常識とされており、中学生になる前の段階で、英語を学び始めることは、とても大きな効果があると考えられているからです。日本語以外の言葉に慣れ親しんでいる事により、街などで外国人に道を聞かれたりする際にも、大人より抵抗なく英会話が出来るというケースも多いので、これからグローバル社会で活躍する子供たちにとって、大きな力になると言えるでしょう。

小学校の英語教育必修化

国際化の流れを受けて、英会話のできる人材の育成を視野に、2008年度から小学校の5,6年生で英語教育がはじまりました。2011年度より5年生から必修となり、さらに2020年からは小学3年生で必修化、5年生から教科化されることになっています。必修とは、必ず教えなければならないということですが、教科ではないので指定の教科書などはなく、各学校によって学習内容などは自由です。そのぶん、指導する先生の力量によって授業の質に差が出る可能性があります。早期教育については賛否両論ありますが、早い段階から英語のリズムになじみ、親しむことはその後の習得に好い影響を与えることでしょう。

↑PAGE TOP