学校以外で伸ばすには

学校での英語スピーキング

学校で英語のスピーキング力向上

英語は中学生から学び始めますが、いくら学んでもスピーキングが上達しない傾向にあります。その大きな理由は、学校でしか話さないからです。日本人は文法はよく理解していますが、話すとなると全くできない人が多いようです。大学入試のために文法はよく勉強するのですが話す事が入試科目にないため疎かになってしまうのです。もし本当に能力を上げようと思うならば、兎も角、話す事です。その中身は日常茶飯事のつまらないことで十分なので、毎日、使えば能力は上がります。学校の休み時間で、昨日あったことを英語で話すだけでスピーキングの能力は上がるのです。

現在の英語教育について

現在では小学校から英語教育が導入されていて、ALTの外国人教師が勤務しておられる所が多いです。そしてその授業を補助する英語専門の日本人教師の資格も出回ってきています。しかしながら、学校で行う授業は国際交流を図る、異文化・異言語に慣れさせる、といった印象しかまだなく、子供の英会話能力を向上させるというものとは程遠い気がします。いざ中学生になり文法を勉強し始めると、国語の勉強と同じく「訳が分からない」「文法が分からない」「単語のスペルが覚えられない」といった学生の声がよく聞かれます。言語を習得する=その国の文化に興味を持つ・理解する、という目的を明らかにし、小さい頃から言語習得する意義をもっとよく理解し、習得メソッドをもっと確立させることも重要です。

↑PAGE TOP